SSブログ
アジアの都市探訪 ブログトップ
前の10件 | -

Great Urban Places in Asia 121 - ソウル Seoul 2 [アジアの都市探訪]

明洞 Myeongdong
 明洞(ミョンドン)はソウル一の繁華街で、商業施設やオフィスが集積する。明洞地区内の道路は自動車交通規制がされ歩行者専用となっている箇所や時間帯が多く、まちは昼も夜も多くの歩行者で賑わう。建物は現代的、中層で間口が狭いものが連なり、壁面位置はほぼそろっている。低層階の大半は物販店、飲食店であり、チェーン店が多いがなかには地元の個店もある。壁面広告は正面据え付け型と袖看板が目立ち、内部発光型が多く、表記は英語とハングルが多く時折日本語も見られる。このまちなみの構成、ファサード、商業形態、看板の表現や形態は東京など日本の大都市と似ており、最も現代商業化したものである。
 夕刻になると、みちに多くの露店が開かれる。宝飾アクセサリー、小物、カバン、靴、衣類、携帯電話、音楽ビデオ類などの物販店のほか、各種の飲食屋台がずらっと並び、まちの密度がさらに増す。その時間帯に出てくる店の多くは地元商業者の個店のようで、昼間は大型店やチェーン店が目立つが夕方になるとぐっと庶民的になり、ローカルな明洞らしさが高まっていく。

明洞.jpg
高級品から庶民的な品まで多種多様な商品を売る露店がみちに出て、明洞の夜は大いに賑わう

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 120 - ソウル Seoul 1 [アジアの都市探訪]

ソウルとは朝鮮語で首都という意味である。その名のとおり、この都市は600年以上にわたり首都であった。ソウルの正式名称はソウル特別市で、1946年に京畿道から独立し、広域自治体(日本では都道府県に相当)と同等の自治体となった。1948年に大韓民国が独立するとその首都となった。1950年に始まった朝鮮戦争では大きな被害を受け、首都は一時プサンに移されたが、停戦後1953年にソウルに再遷都された。1960年代には高度経済成長時代を迎え、70年代には市域が拡大して周辺町村の統合が行われた。市の人口は1991年にピークの1,090万人を超え、その後は緩やかな減少となっているが、それでも2016年の人口は990万人、近郊地域を含めた都市圏では2,350万人と世界有数の大都市圏であり、韓国民の約半数が居住している。
漢江が都市中央部を東から西に流れており、かつての宮城や歴史的地区などを含む古くからの市街地の大半は川の北側、直径6kmほどの円の範囲内に位置している。川の南側には江南地区など近年開発が進む新興商業、ビジネス、住宅地区が拡がっている。

清渓川 Cheonggyecheon
 清渓川(チョンゲチョン)は、ソウル都心のほぼ中央部を東西に貫く川である。
 川の両岸には600年前から居住地があったという。ソウルの幹線街路網はこの川を中心に形成され、この川を渡る橋の周囲が商業地となった。日本による植民支配の時代や朝鮮戦争を経て、川の両岸は多くの難民が集まる密集居住地帯となった。生活排水の流入、ごみ投棄などの衛生問題が悪化し、都心の自動車交通量も増加した。それらの問題は1960~70年代の高度成長期に一層深刻化したため、段階的に川に蓋がされその上が道路とされ、さらにその上に自動車専用道路が建設された。70年代後半には清渓川は姿を消し、水ではなく車の流れる交通幹線となった。
 1990年代になると、歴史文化の再生や環境改善などのため、清渓川復元への世論が高まった。市長選挙で川の復元を公約とした候補者が当選し復元が決定、約3年間の工事を経て2005年、川が再び開かれた。延長5.8kmにわたり再生された河川の両岸には遊歩道が設けられ、あるところは階段状の広場、あるところはビオトープ、あるところは噴水や光のイルミネーションなど多様な整備と演出がされた。今ではソウル市民や観光客の憩いの場として親しまれ、市民の誇りの場ともなっている。
 川幅は場所によって異なり約10-15m、川の両側の歩道幅員は約3-10m程度である。水は飲料用ではないもののきれいで、夏には足を浸して涼む人、じゃぶじゃぶと水遊びをする子どもたちも多い。

ソウル1.jpg
清渓川 水流とランドスケープの再生によって、都心に人々が戻ってきた


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 119 - 大連 Dalian 2 [アジアの都市探訪]

星海広場 Xinghai Square
 星海広場は長軸約1,000m、短軸約650m、世界最大級の楕円形広場である。1997年、大連市創設100周年と香港の中国返還を記念してつくられた。その真ん中に立つととにかく広い。広場の外周部には数多くの超高層住宅や大規模商業施設、コンベンションセンターなどが立ち並んでいる。
楕円形広場の南側、海際には、大地が大きくめくりあがった巨大な滑り台のようなコンクリート構造物がある。誰でもそこに自由に上がることができる。その先端はかなりの急勾配で、手すりはない。スリルある体験ができる。
 そこからの眺めは、20世紀初めにル・コルビジェが描いた「輝く都市」を想わせるものだった。

dalian.jpg
星海広場 モダニズムのイメージが発現した都市空間

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 118 - 大連 Dalian 1/ City Sketches [アジアの都市探訪]

大連の広場
かつて大連は小さな漁村であった。1898年、清朝から租借権を得たロシアが鉄道を敷設し、港湾整備と大改造後のパリを模した計画をつくり、都市開発が始められた。日露戦争後の1905年に租借権が日本に譲渡され、ロシアが作成した都市計画を拡張、発展させ、鉄道、道路、港湾などのインフラ整備、モダンな街並み整備を進めた。日本は大連を貿易都市として発展させることを意図し、1930年代には地域の主要貿易港となった。
 19世紀後半は近代工業化社会と帝国主義を背景としたバロック都市計画の隆盛期で、シンボリックなビスタライン、円形広場を中心とする放射状の街路網、大きな街区ブロックなどを特徴とする。アメリカのワシントンDC計画やフランスのパリ大改造計画がその代表例として知られる。大連中心部の都市計画もその流れを汲み、円形広場からの放射状幹線道路とそれらを結ぶ一部環状道路が都市の骨格になっている。道路は直線状、広幅員で、今日では自動車交通量が非常に多い。
 アジア太平洋戦争後、大連は一時ソ連の管理下におかれ、1951年に中国に返還された。
現代の大連は中国東北地方の中心的な商工業・港湾都市として、急速な経済成長を続けている。2012年の常住人口は約610万人である。
 
中山広場 Zhongsan Circle
大連都心部の道路網の中心にあるのが中山広場で、直径約200mの円形広場である。日本統治時代はこの広場が街の中心で、市役所、警察署、銀行、ホテルなどが広場を囲んで建設された。いくつかの建築物は今日まで保存、活用されている。
 このスケッチは、中山広場の南側に面する旧大和ホテル、現大連賓館のロビーに掲出されている写真をもとに描いたもので、正面中心にあるのが旧大和ホテルである。

中山広場昔.jpg
1920年の中山広場
大連賓館のロビーに掲示されている写真をもとに描いたもの
 
中山広場今.jpg
 こちらは中山広場の南側、大連賓館の対面を、2012年時点の開発イメージ写真から描いたもの。広場に面する建物の多くは保全され、その周囲には高層建築が立ち並ぶ計画となっている。

中山広場周辺の開発イメージ(2012年時点)
広場近くに掲出されていた開発イメージ写真をもとに描いたもの

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 117 - 蘇州 Suzhou 3 [アジアの都市探訪]

 みちに表通りと裏通りがあるように、水路にも歴史的景観が修復され観光化した表水路と、生活の場である裏水路がある(このような名称が正式にあるわけではないです)。裏水路の周辺は、長年変わらず庶民生活の場で、路地は「巷」と呼ばれ、その界隈は平穏な生活感に満ちている。
住民は水路とともに暮らしてきた。水路際には洗濯場があり、今でもそこで洗濯をする人がいる。水はあまりきれいではなく、水路に生ごみを投げ捨てている住民もいた。路地には紐や竿がかけられ、洗濯物が干されている。水辺にお年寄りが数人腰掛けては、世間話をしている。小さな商店、八百屋や肉屋、食堂、工場などもある。蘇州の水路は庶民のものであり、生活の場である。

蘇州4.jpg
保全・再生された歴史的建築と水路 世界遺産である庭園拙政園近く

蘇州5.jpg
蘇州 水路は常に庶民生活の場

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 116 -蘇州 Suzhou 2 [アジアの都市探訪]

 市内の平行路Pingjinagluや山塘街Shantangjieでは、観光資源として水路やその周辺の建築物の保全・再生・活用が進められている。水路に沿ったみちはきれいに仕上げられて屋台や露店が出、みち沿いには歴史的建築を活かしたカフェ、ギャラリー、レストランなどが並ぶ。水路沿いのみちや路地には車は通らず、ゆったりと歩くことができる。建築は漆喰仕上げのものが多いが、石造や木造も見られる。
 水路には柳が枝を垂れ、あちこちに歩行者用の小さな石橋がかけられている。石橋は階段や坂道状のものが多い。

蘇州2.jpg
山塘街の水路と歴史的建築



(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 115 - 蘇州 Suzhou 1 [アジアの都市探訪]

 蘇州は2,500年にも及ぶ長い歴史を有し、古くから絹織物で発展した都市である。ほぼ矩形の運河で囲まれた旧市街の中心には水路が縦横に走り、その沿岸には白壁と黒瓦の歴史的な街並みが残されている。そこでは今でも水に寄り添った人々の暮らしが息づいており、水郷と呼ぶにふさわしい。そのため「東洋のベニス」とも呼ばれるが、ベニスよりも古い歴史がある。
 街の歴史は、紀元前6世紀に呉の国王がここに城を築いたことに始まる。後の隋の時代、6世紀に蘇州と改名され、その後絹産業により発展し、さらに綿産業も加わって明、清時代の14~19世紀には国内有数の大都市となった。アヘン戦争後に上海が開港したことにより、その経済的地位はやや低下し、2012年では国内第6位となっている。蘇州は上海の約80km西方にあり、今日では高速鉄道で結ばれている。
 絹産業によって経済的に裕福な都市であり、市内には歴代の富豪たちが築いた中国庭園(江南式)が多数あり、そのうち9箇所がユネスコ世界文化遺産に登録されている。
旧市街は新しい高層ビルなどはほとんどないが、近年郊外部に新区ができ、大規模な業務、商業、住宅開発が急速に進められている。

蘇州1.jpg
平行路地区の水路。歴史的な水際景観と生活が残されている。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 114 - 上海 Shanghai 8 [アジアの都市探訪]

再開発地区内の小市場

 市中心付近にあるこの地区では再開発事業が進行中で、すでに半分ほど取り壊されていた(2011年春)。住民はまだ元気に住み、商売をしていた。早朝から朝食屋が営業し、夜は食堂が営業し、焼き鳥、焼きそば、果物などの屋台も出ていた。
 ある朝、その住宅地区の路上で小市場が開かれていた。しばらく見ていると、地区の管理者らしい人が来て「ここで商売してはいけない」という意味のことを言ったようだ。しばらくの問答の後、商人たちは不満そうではあったが店じまいし、散っていった。
住民は、地域のこの急速な変化をどのように捉えているのだろうか。

shanghai lm.jpg
再開発地区内の小さな臨時市場。野菜などを売っていた。

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 113 - 上海 Shanghai 7 [アジアの都市探訪]

上海の住宅事情と再開発 Housing condition and urban renewal in Shanghai
 上海では急速な人口増に対応し都市機能を更新するために低層住宅地区の再開発が進められ、高層の商業施設、住宅などに変わりつつある。一方、旧来からの住宅地区もまだ残っており、多くの人々が住んでいる。建物の多くは石庫門や2~3階建のレンガ、石、ブロック造などのアパートメント地区で、その中を狭い路地が通っている。住宅地区の入口にゲートが設けられているものもある。路上にはロープを渡したり棒を突き出したりして、洗濯物が干されていた。

上海1.jpg
人々が暮らし続けている、上海市中心部の低中層の住宅街 (2011年)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 112 - 上海 Shanghai 6 [アジアの都市探訪]

田子坊 Dian Zi Fang その2 

tagobo2.jpg
やや広めの通路はダイニングスペースとしても使われる。
上層階には住宅もある。

 田子坊と同様に、石庫門を再生した地区として新天地がある。こちらは上海でも流行先端、ファッショナブルなエリアにあり、歴史的建築群を保全というよりも再生し、そこにレストランやカフェ、バー、ショップなどが出店している。
建築や広場などは細部まで丁寧にデザインされている。石造りの門などは保全され、街としてフランス租借地時代の雰囲気が演出されている。夜は、暖かみがある色合いで、明るさは控えめな照明によって暗さが演出される。そのような屋外パブリックスペースでダイニングを楽しむ、ハイエンドな大人の街としてつくられている。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - アジアの都市探訪 ブログトップ