SSブログ
前の10件 | -

Great Urban Places in Asia 29 - ジャカルタ Jakarta 3 [アジアの都市探訪]

コタ地区の歴史的建築物

コタは17世紀にオランダが植民地経営の拠点として東インド会社を設立した地区であり、当時のコロニアル様式の建築物がまとまって存在している。しかしその保全や修復については、コタ駅近くのファタヒラ広場の周り以外はほとんど顧みられていず、荒れ果てたまま放置されているものが多い。

歴史的建築を活かした街並み整備よりも、それ以前の課題として、河川の浄化や道路の補修、清掃などの必要性が高い。川はごみが大量に浮かび悪臭を発し、歩くことを楽しめる環境ではなかった。水面のごみが燃えているところもあった。この地区の生活環境を整え水準を引き上げることが優先されるのは、当然のことのように思えた。歴史的建築の保存と再生には一定の経済力や社会的なゆとりが不可欠である。まず街路の補修と河川の浄化を行えば、水際遊歩道の整備や歴史的建築の修復と活用によって、水辺と歴史を活かした素敵な地区になる可能性は大いにある。

コタ.jpg

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 28 - ジャカルタ Jakarta 2 [アジアの都市探訪]

都心のローカルコミュニティ

幹線道路沿道の大規模商業・業務の拠点に近いローカルコミュニティには歩行者がかなり多く、人、トゥクトゥク (Tuk-Tuk)、バイク、手押し車でごったがえしている。トゥクトゥクとは小型三輪自動車で、近距離用のタクシーのようなものだ。同様の車は東南アジア諸国にみられ、インドではオートリキシャ (Auto-Rickshaw)と呼ばれる。
路上には露店が多数出ている。路面は舗装されているところが多いが、凹凸も多い。大きな荷物を抱え背負って運んでいる労働者もいれば、ただ座って佇んでいる人もいる。

jak1.jpg
路上には多数の露店が出て、その間を人やバイクが行き交う。

jak2.jpg
幹線道路から歩いてわずか数分のところにあるローカルコミュニティ。
生活が街路や路地に露出している。

jak3.jpg
路上では人々が歩き、ものを売り買いし、食べ、話し込んでいる。
路地や細い道には老人や、遊んでいる子どもの姿を多く見かける。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 27 - ジャカルタ Jakarta 1 [アジアの都市探訪]

ジャカルタ

 ジャカルタにはいくつかの旧名がある。そのひとつがバタビア(Batavia)で、17世紀にオランダの東南アジア植民地経営の中心都市とされた際に名づけられた。ジャカルタはそれを契機として大きく発展することとなる。現在ジャカルタはインドネシアの首都であり、急速な経済発展、人口増加の段階にある。ジャカルタ特別市の人口は960万人、首都圏人口は3,176万人に達し、世界で東京首都圏に次ぐ規模の大都市圏となっている。
 概略的に、ジャカルタ都心部はふたつのゾーンに分けられる。ひとつは幹線道路沿道で、大規模な再開発がすでに起こったか、あるいは進行中の地区である。広い区画に大型の建物が建ち並ぶ。道路境界からのセットバックは大きく、主に車回しや緑地帯などに使われている。歩道やセットバック空間には歩行者アクティビティは少ない。もうひとつは、幹線道路沿道街区から奥に入った、住宅を中心とする用途混合の低層地区であり、庶民の日常的な生活が展開されている。それらのゾーンは隣接しているが、その格差は極めて大きい。

チャイナタウン
 ジャカルタのチャイナタウンは小さい。幹線道路から少し入った位置にあり、狭い街路に面して小規模な建物が立ち並ぶ。ヒューマンスケールで、歩行者が暮らしやすい生活環境がある。
建築様式は中国式ではなく地元風であり、赤い提灯以外には中華風の装飾も少ない。植物も熱帯のものだが、中華の用品を扱う店舗、中華レストランそして人々の表情や声が、そこがチャイナタウンであることを感じさせる。

ジャカルタチャイナタウン.jpg
ジャカルタ都心部のチャイナタウン。地元風と中華風の、商店や住宅が混在している

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 26 - デリー Delhi 4 [アジアの都市探訪]

コンノートプレイス Connaught Place

 コンノートプレイスはニューデリーの中心のひとつであり、イギリス植民時代の1920-30年代にイギリス人のためのシビックセンターとして建設された。外、中、内の三重の円形環状街路とその中心からの放射状街路を骨格とするシンボリックな都市・建築群で、ヨーロッパの伝統的な低層建築が円弧に沿って整然と並ぶ。高級店から露店までの様々な店舗やホテル、ビジネス、そして客引きが集積し、地下鉄の結節点でもある。
 外環の直径は約640メートルで、外環道路は自動車交通量が多い。
 内環に面しては高級店や店舗、オフィスなどが多く営業し、外環側もホテルやオフィス、店舗などが入居し現代商業都市の様相だが、中環は内環、外環に表の顔を向けた建物の裏側が多く露出している。
内環は最も賑わうところで、1階部分はセットバックし連続したピロティ空間がある。その周辺には多くの露店、屋台が出て、特に土曜日の夕方は非常の多くの露店、主に衣服類が路面に商品を広げ、周りを人が取り囲み、場所によってはまっすぐに歩けないくらいであった。
駐車場は環状道路に面してかなりの台数が設けられているが、いつも混雑しているようであった。路上駐車も多い。

 コンノートプレイスの中心部は直径約220メートルの円形の公園になっており、大きなインド国旗がはためいている。快適そうな緑地なのだが、警備のため出入口が制限されており、自由に出入りすることはできない。コンノートプレイスの周囲は、一部に業務・官庁街があり、他はその内側とは対照的な庶民的市街地が広がっている。

コンノートプレイス.jpg
コンノートプレイスの内環。ヨーロッパ様式の建築が並び、広い歩道と大きな街路樹があり、
高級店から露店まで様々なアクティビティがある

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 25 - デリー Delhi 3 [アジアの都市探訪]

デリー路上1.jpg路上の人々、生活、仕事 Works and People on Streets

ジャマ・マスジッド寺院近くの道沿い。昼前になって食堂がどんどんオープンし始める。
店の前には、男たちが黙ってじっと座り込んでいた。

デリー路上2.jpg

路上には多くの商売が出る。ミシン1台出した仕立屋もよく見かける。
このお客は、はいていたズボンが繕われるのを、ずっと見守っていた。


(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 24 - デリー Delhi 2 [アジアの都市探訪]

チャンドニチョーク Chandni Chowk

 ムガール帝国皇帝の城であった、赤い砦とも呼ばれるラール・キラーの正面から延びる、オールドデリーのメインストリート。幅員は約25-30m程度あり、沿道はさまざまな店舗や飲食店が連なっている。非常に多くの人、車、リキシャが行き交い、路上で、あるいは路上にはみだしてさまざまな商売や庶民生活が繰りひろげられている。

 訪れたとき、チャンドニチョークは道路の半断面は舗装が剥がされ掘削されていた。埋設物の敷設のためのようであった。実際に工事をしていたのはごく一部分で、のんびり進行しているようであった。舗装が剥がされた部分にはところどころ資材などが置いてあるが、人々は一向に気にせず当たり前のように使っていた。自動車が通らないので、歩行者や生活者にとってはかえって使いやすいようであった。

chandnichowk1.jpg

チャンドニチョーク。チョークとは街路の意味。
この絵で左半分は一応工事中で、舗装がなく、資材などが置いてあるが、みんな歩いている。
右半分は車、リキシャ、人であふれている。店舗は両側で営業中。

チャンドにチョーク2.jpg

チャンドニチョーク。工事中の側の沿道にも様々な店舗や屋台が営業中。人がやっと
ひとり入り込めるくらいの小さな露店の周りに人が集まり、多くの人たちが行き交っている。


(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 23 - デリー Delhi 1 [アジアの都市探訪]

 インドの首都デリーは旧来の市街地オールドデリーと、20世紀初頭以降のイギリス統治時代に計画的に開発されたニューデリーからなる。その間には見た目で明確な境界はない。
デリーは12世紀以後、さまざまな王朝の首都となってきたが、16世紀にムガール帝国の首都とされた。その後いったん首都が移されたが17世紀中盤に首都とされ、現在のオールドデリーの基礎となった。ムガール帝国は1857年に滅んだが、その後もデリーはイギリス統治下でインド北部の鉄道結節点となり、1931年にニューデリーがイギリス領インド帝国の首都となった。1947年のインド独立後も首都であり続け、2016年の都市人口は1,100万人、都市圏人口は2,649万人(2017年時点)と世界第3位の大都市圏となっている。

 オールドデリーは比較的小さく複雑な街路・街区構成からなり、人、車などが密集する。今日見られる建築物は20世紀前半から中頃に建てられたと思われるコンクリート造中層のもの、それ以前のレンガ造のものなど様々だが、史蹟や寺院等を除けば歴史的建築物は多くは残されていず、新しい現代的な建築も少ない。老朽化して維持管理が十分でないと見られるものは多い。

 ニューデリーは1911年以降イギリスによって計画的に作られた都市で、広大な街区と大きな街路バターンを持っている。政治的機能が集約され、インド連邦政府とデリー地方政府による共同統治となっている。車社会以前にこのような都市を造営したことは驚きで、必要性を超えており、大英帝国の権威を示す意味合いが大きかったと思われる。

 ニューデリー、オールドデリーともに幹線街路は広く、自動車が多い。まちなかの道はオートリキシャ、サイクルリキシャ(自転車と同じく自分でこぐ)車、人、犬であふれている。道は交通だけではなく商売、生活すべてが行われる場だ。路上生活者も多い。

 1階の店舗は道路に開いているものが多く、みちと建物・店と人、リキシャ、車は渾然一体化している。路上の屋台も多い。このような状況はアジア各国でも見られるが、デリーではその密度が濃く、そして旧市街全体に広がっている。旧市街にはメインバザールMain Bazar(ニューデリー駅前)、チャウリバザールChawri Bazar,ミーナバザールMeena Bazar、チャンドニチョークChandni Chawkなどのメインストリートがいくつかあるが、どれもそのような共通点を持っていた。


メインバザール~ニューデリー駅 Main Bazar Road to the New Delhi Station
 メインバザールはインド国鉄ニューデリー駅前を起点とする長さ約1キロメートル、幅員10メートル程のほぼ直線状の街路で、沿道と道路上は商店、飲食店、ホテル、各種の露店、人、オートリキシャ、サイクルリキシャ、生活者であふれかえっている。デリー市内や近郊を走る地下鉄Metro駅と国鉄駅を結ぶルートであるため、インド国内や海外旅行者の通行も多い。
 この街の色として濃灰色がイメージされる。人、犬、ごみ、粉塵、罵声と騒音、バイタリティと惰性、裕福と貧困などあらゆるものが濃密に混ざった色。
 ニューデリー駅には、大国の首都の中央駅前にありそうな権威的象徴的な空間や施設は一切ない。駅南口には小さな辻広場があり、そこにいくつかの飲食露店がでて旅行者が軽食をつまみ、サイクルリキシャやオートリキシャが客取りにしのぎを削り、メインバザールの商店街が口を開けている。


main bazaar.jpg
メインバザール中ほどにある小さな広場。飲食店の屋台が出て、男たちが朝食に集まる。
こういう場には、女の客はほとんどいない。
1月、デリーの朝は霧が出て結構寒く、路上で火を焚いている人も少なくない。


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 22 - カトマンズ盆地の旧王国都市 6 [アジアの都市探訪]

キルティプル Kirtipur

らくだのこぶのようなふたつの丘とそのふもとからなる都市。離れたところから見ると、斜面に低中層の建築が隙間なく建ち並び、建築でできた山のように見える。丘の上は車が通らない道が多く、のどかで昔ながらの生活がゆっくり営まれているようであった。
道や小広場沿いのあちこちに、パティや、舞台のような座れる場所がある。それらは、歩いているとちょうど視線が向いてアイストップとなるような場所に、連続的に配置されている。


kirtipur.jpg
ゆるい坂道をあがっていくと正面突き当りにこのパティがある。少年たちが遊んでいた。
ここでみちは上(右)、下(左)に分かれる。

ひとつの丘の頂上に寺院があり、ふたつの丘の真ん中の窪んだところに旧王宮跡がある。それらは旧王国の中心的な場所で、外敵の侵入に備えて防御しやすく長期戦も可能な丘の上に、王宮や寺院が設けられた。キルティプル全体がひとつの要塞都市としてつくられた。かつてはキルティプルにもカトマンズ、バグダブル、パタンと並ぶダルバール広場があったが、今は残されていない。
ふたつの丘のふもとには環状道路があり、そこは車が多く商業施設も多い。今では、丘の麓がすっかり生活の中心になっている。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 21 - カトマンズ盆地の旧王国都市 5 [アジアの都市探訪]

バクタプル(続き)

pati 3.jpg
バクタプルの中心部、タウマディ広場にある寺院。基壇部に多くの人が座っている。
2015年の大地震で、多くの寺院が基壇部を残して倒壊してしまった。

pati 4.jpg
軒先に座り、話している母と子、女たち。店とみちの縁は生活の大切な場。

pati 5.jpg
住宅の出入口周りで、洗濯をする女たち 


(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 20 - カトマンズ盆地の旧王国都市 4 [アジアの都市探訪]

バクタプル Bhaktapur
 バクタプルはカトマンズ市中心部から約13km東、カトマンズ盆地の東縁に位置する。カトマンズ盆地の3王国の中では最大規模であり、マッラ(Malla)王朝時代、15世紀半ばまではネパールの首府であった。
 中世に建設された中層の建物群からなる街がそのまま全体として保全され、人々の暮らしもかなりの部分は伝統的なものと思われる。まちなかのいたる所にパティ (Pati) や建物の縁など座る場所がある。パティとは小さな床と屋根が建物の外部に取り付けられたようなものだ。床は木製で、土足で上がらない。パティはダルマシャーラの最も小さなタイプで、まちなかに数多く見られる。
 建物の窓から外を見ている人が多い。家の中は狭く暗いためこともその一因だろう。玄関先で編み物や洗濯をしている人もいた。屋外空間は、住宅や店舗などから連続した、生活に必要不可欠な場となっている。

pati1.jpg
バクタプルのまちかど、小広場に面したパティ。建物に小屋根を張出し、床を張ったもの。
誰でも気軽に座り休憩などしている。

pati 2.jpg
みち沿いのパティ。多くの人たちが座っていた。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -