SSブログ
前の10件 | -

Great Urban Places in Asia 76 - メトロマニラ Metro Manila 1 [アジアの都市探訪]

メトロマニラはフィリピンの首都圏 (NCR: National Capital Region)であり、16の市とひとつの自治体によって構成されている。マニラ市はその中にあって歴史、政治、文化の中心都市である。
 16世紀にスペインがマニラを支配し、要塞都市イントラムロスIntramurosの建設を開始した。スペイン統治は19世紀末まで続き、フィリピンの人々や文化に多大な影響を及ぼした。そのひとつとして、フィリピンの主要な宗教がカトリックであることが挙げられる。20世紀初頭からはアメリカがフィリピンを植民化し、これもその後のフィリピンの文化や経済に大きな影響を与えた。
 アジア太平洋戦争においてマニラは壊滅的な被害を受け、荒廃した中心市街地は戦後長期間に渡り再建されず放置された。フィリピンは戦後独立し、マニラは大いなる経済発展を果たしたが、一方その間に多くの人々が荒廃したマニラ市街地に流入して定住し、一部はスラム化した。そのことは、マニラ内部に大きな経済格差を生み出した一因となっている。

イントラムロス Intramuros
 マニラ湾に面し、アジア交易に好適な港湾都市として、イントラムロスの建設は16世紀末にスペイン人によって始まった。以後数世紀にわたり、イントラムロスはマニラの政治、軍事、宗教の中心であった。中国人海賊の襲撃から守るため、星形の分厚い城壁で囲まれた要塞都市とされた。イントラムロスとは、スペイン語で「壁の内側」という意味である。
アジア太平洋戦争の末期1945年、マニラは日米の激戦場となった。多数の市民が犠牲となり、イントラムロスの重厚な中世都市・建築の大半は爆撃で灰燼に帰した。唯一被害を受けなかったのはサンオーガスティンカトリック教会といわれ、被害を受けた建物の大半は戦後に取り壊された。
イントラムロスの修復は1980年代以降になってようやく開始され、今日ではいくつかの歴史的建築の修復が完了し、スペイン統治時代のノスタルジーを感じさせる中世ヨーロッパ調の街並みが部分的ではあるが再興された。
今日のイントラムロスは静かな歴史保存地区でもなければ、単なる観光地でもない。重厚な建造物があり、低所得層の居住地区がそれらに隣接している。住宅の建物はバラックのつぎはぎ状態のところもあり、1階には小さな雑貨店、飲食店や床屋などが入っている。客引きに熱心な観光用サイクルリキシャの運転手たちも、ここでは車を道に置いて休んでいた。大人たちは家の前のみちで何かしゃべり食べ飲み、子どもたちはその周りで走り遊びまわっていた。

イントラムロス.jpg
低所得層住宅が並ぶ地区。人々はクリスマスの飾りつけをしており、生き生きした生活の場であった。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 75 - ハノイ Hanoi 6 [アジアの都市探訪]

ベトナムの交通事情(続き)
 交差点において交通渋滞の車列を減らすとともに、人々のフラストレーションを軽減するため、おもしろいしくみが導入されている。直進車や左折車でも交差点での直進や左折をさせずいったん全て右折させ(右側通行なので)、100-200メートルほども進んでからUターンする。先ほどの交差点に戻ったところで、右折もしくは直進する。この方法では車の走行量は増えるが交差点での信号待ち停止時間は少なくなる。
ハノイ交差点.jpg

 ハノイでは幹線道路でも交通信号が少なく、あっても従わない人が多い。車は激しくクラクションを鳴らしながら頻繁に車線を変えて走る。慣れない外国人からみると危険に思えるが、地元の人たちにはあるマナーが共有されているようだ。交通教育は必要だろうが、それはたとえ他の車がいなくても交通ルールを守ることが当然とされる国とは異なるものであろう。ハノイでおよそ守られている交通マナーには次のようなものがある。
・交差点では横断者に注意しながらゆっくり走る。
・横断者はドライバーとアイコンタクトをしながら横断する。
・急に立ち止まったり走り出したり方向を変えたりしない。それらはゆっくりと歩き続けるよりも危険である。
・運転中は交通流に乗る、無理に割り込まない、求められたら他車を前に入れてあげる、先入車が先行。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 74 - ハノイ Hanoi 7 [アジアの都市探訪]

ベトナムの交通事情
 ベトナムではモーターバイクの利用が非常に多い。1台に家族4人が乗ったり、大きな荷物を積んだりしているものもある。今後、経済発展に伴いバイクから自動車へのシフトが進むだろうが、かなりの人たちは引き続きバイクを利用するだろう。なぜなら、バイクは狭い道や路地、通路の奥にも入ることができ、さらに駐車場所の確保もしやすい。自動車よりもモビリティが高く、そのメリットは大きい。

hanoi tra.jpg

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 73 - ハノイ Hanoi 6 [アジアの都市探訪]

働く女たち
 市場で働く人々の多くは女性である。伝統的な行商人は、竹などで編んだ2枚の皿に商品を載せ、天秤棒を通して担ぎ、麦藁の傘を被って路上で売り歩くが、これも全て女だった。自転車やモーターバイクの荷台に商品を積んで売る行商人も多い。客は何か欲しいものがあると行商人を呼び止める。その光景はいたるところで見られた。

ハノイ1.jpg
おそらく何時間も歩き、疲れ果てて寝てしまった。売れたのだろうか。

hanoi2.jpg
まちかどで菓子を油で揚げ、売っている。左下にあるのがフライパン。お菓子は丸いのは甘く、とんがりは塩味。(描いてあるのはすべてとんがり塩味です。絵ではよくわかりませんが。)

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 72 - ハノイ Hanoi 5 [アジアの都市探訪]

鉄道沿いの市場 Market along Railway
 ハノイでは、市内交通機関として鉄道の役割は非常に小さい。ハノイ中央駅付近でも線路は単線で、列車の本数も多くない。沿線には建物が間近まで建ち、線路側がメインアクセス路になっている。ここにも路面店があり、列車が通過する時だけさっと人が避ける。

ハノイ鉄道店.jpg
線路の周りの空間が道路や店先空間として日常的に使われている

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 71 - ハノイ Hanoi 4 [アジアの都市探訪]

ドンスアン市場 Dong Xuan Market
 ハノイ旧市街にはいくつかの大きな市場があり、生鮮品だけではなく諸々の品が売られている。ドンスアン市場はその最大級のもので、建物内だけではなく、周辺にもさまざまな店が出る。その間をかいくぐって大きな荷物を抱えた人々、天秤棒を担いだ物売り、バイクが行き交い、庶民的な活気にあふれている。

ハノイ市場.jpg
ドンスアン市場とその周辺の街路や広場。多くの人たちが行き交い声が飛び交う。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 70 - ハノイ Hanoi 3 [アジアの都市探訪]

ストリートマーケット Market on Streets
 ハノイ旧市街では街路が生活や仕事の場となっているが、その主な用途のひとつにマーケットがある。路上でさまざまな商品が売られ、調理され、食されている。新鮮な野菜、肉、魚などは路上や昔からある市場で捌かれ、売られている。近代的なチェーン系スーパーはない。

hanoi market.jpg
 まちかどの市場。建物内と街路が一体的な売り場、バイク駐車場になっている。女性が自転車に乗ったまま、農家と思しき別の女性から買っていた。ちょうど天秤棒で担いできた野菜果物を降ろして休んでいるところであった。


(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 69 - ハノイ Hanoi 2 [アジアの都市探訪]

歩道の使い方

歩道は歩くだけではなく、食事やバイク駐車などのスペースとなっている。多くのレストランは歩道に開き、歩道上にテーブルと椅子を出す。路上レストランは庶民的なものからややハイクラスなものまであり、フォー(米麺)、ブン(米)にボ(牛肉)やガ(鶏肉)を乗せたローカルフードなどがよく見られる。フランスパンもよく食されているようだ。
 そのすぐ横にバイクが駐車されている。そこには管理人がいて、ぎっしり整然とバイクが並べられる。利用者は自力ではバイクを出すことはできないことも多い。利用者は管理人に料金を払い、バイクを入れたり出したりしてもらう。
hanoi sidewalk.jpg

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 68 - ハノイ Hanoi 1 [アジアの都市探訪]

 ハノイはベトナム社会主義共和国の首都、政治と文化の中心都市である。人口、経済規模としては南部のホーチミン市に次ぐ第2の都市になる。2009年の人口は都市部で260万人、市域では約700万人である。ハノイは7世紀ごろからベトナムの中心都市であり、11世紀には首都とされ、周辺地帯を統治する拠点、農産物の集散地となった。以降、さまざまな名称がつけられたが1831年に「河の内側」を意味するハノイとされた。1873年にフランスに占領され、フランス領インドシナの中心都市となった。

 第二次世界大戦後の1945年にベトナム民主共和国(北ベトナム)が独立し、ベトナム戦争を経て1976年南北ベトナムが統一され、ハノイが首都となった。長い歴史を持つ都市であり、文化史跡も多い。2010年にはハノイ遷都1000年を記念して様々な行事が行われた。
 
 ベトナムは19世紀中盤以降の約100年間フランスの植民地であった。それはベトナムにとって困難な時代であったが、フランス統治は文化、建造物などについて後世に資産となる基盤を築いた。今日それらはベトナム旧来固有の気候、文化と融和し、独特の現代ベトナム文化の一部となっている。都市・建築デザインはそのひとつであり、ハノイにはそれが最もよく残され活かされている。

 ハノイ旧市街はホアンキエム湖という小さな湖の北側に広がっている。狭い路地、古い街並みや砦跡が残り、公共空間に生き生きとした庶民生活が展開されている。建物内という私有空間から街路という公共空間まで連続した生活の場になっている。そこにはたくさんの目が注がれ、生活感や安心感がある。多くの欧風歴史的建築物が保存・活用され、長年の間にベトナム様式と融合した独特のデザインも少なくない。20世紀の初頭、ハノイ中心街は36本の街路を中心に構成され、それぞれの道に絹、綿、宝石などの専門店が集まっていたため、道にそれら商品の名前が付けられた。街路の名前は今も残っているが、専門店の集積は少なくなっている。


ハノイ1.jpg
ハノイ旧市街の街並み。欧風の歴史的建築が並び、部分的にはリノベーションされ、
独特の景観となっている。


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 67 - バンコク Bangkok 12 [アジアの都市探訪]

バンコクの交通事情(続き)
【スカイトレイン】
バンコク都心部を走る高架鉄道で、ここ15年ほどで急速に整備が進み、現在も延伸中である。運転間隔は混雑時は2~3分、日中は6~10分おきくらいで、4両編成。外観は全面的な広告になっている。スカイトレイン駅周辺では地価が上がり、不動産開発が進んでいる。
スカイトレインの高架軌道は幹線道路上に設けられており、駅に至る通路が道路横断場所になる。エスカレーターは少なく、狭い階段を上り下りするのは健常者でも体力がいる。障がい者にとって利用は難しい。

【水上交通】
水上交通はバンコクの大きな特徴、魅力である。チャオプラヤ川を中心に水上バスが頻発され、利用者が多い。水上バスは涼しく、渋滞がなく、とても快適であるが、水はあまりきれいでない。船はディーゼルエンジンの爆音を響かせ排気ガスもかなり出しているが、車掌の威勢よい掛け声や波音もあいまって、むしろ活力にも感じられる。バンコクでは川も街路同様の交通機能を担っている。水辺に向けて開いた住宅、ホテル、商業施設や工場、倉庫等も多数ある。

bkkwater.jpg
チャオプラヤ川は、自然の水路としても交通路としても、バンコクのメインコリドーである


(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -