SSブログ
2021年08月| 2021年09月 |- ブログトップ

Great Urban Places in Asia 76 - メトロマニラ Metro Manila 1 [アジアの都市探訪]

メトロマニラはフィリピンの首都圏 (NCR: National Capital Region)であり、16の市とひとつの自治体によって構成されている。マニラ市はその中にあって歴史、政治、文化の中心都市である。
 16世紀にスペインがマニラを支配し、要塞都市イントラムロスIntramurosの建設を開始した。スペイン統治は19世紀末まで続き、フィリピンの人々や文化に多大な影響を及ぼした。そのひとつとして、フィリピンの主要な宗教がカトリックであることが挙げられる。20世紀初頭からはアメリカがフィリピンを植民化し、これもその後のフィリピンの文化や経済に大きな影響を与えた。
 アジア太平洋戦争においてマニラは壊滅的な被害を受け、荒廃した中心市街地は戦後長期間に渡り再建されず放置された。フィリピンは戦後独立し、マニラは大いなる経済発展を果たしたが、一方その間に多くの人々が荒廃したマニラ市街地に流入して定住し、一部はスラム化した。そのことは、マニラ内部に大きな経済格差を生み出した一因となっている。

イントラムロス Intramuros
 マニラ湾に面し、アジア交易に好適な港湾都市として、イントラムロスの建設は16世紀末にスペイン人によって始まった。以後数世紀にわたり、イントラムロスはマニラの政治、軍事、宗教の中心であった。中国人海賊の襲撃から守るため、星形の分厚い城壁で囲まれた要塞都市とされた。イントラムロスとは、スペイン語で「壁の内側」という意味である。
アジア太平洋戦争の末期1945年、マニラは日米の激戦場となった。多数の市民が犠牲となり、イントラムロスの重厚な中世都市・建築の大半は爆撃で灰燼に帰した。唯一被害を受けなかったのはサンオーガスティンカトリック教会といわれ、被害を受けた建物の大半は戦後に取り壊された。
イントラムロスの修復は1980年代以降になってようやく開始され、今日ではいくつかの歴史的建築の修復が完了し、スペイン統治時代のノスタルジーを感じさせる中世ヨーロッパ調の街並みが部分的ではあるが再興された。
今日のイントラムロスは静かな歴史保存地区でもなければ、単なる観光地でもない。重厚な建造物があり、低所得層の居住地区がそれらに隣接している。住宅の建物はバラックのつぎはぎ状態のところもあり、1階には小さな雑貨店、飲食店や床屋などが入っている。客引きに熱心な観光用サイクルリキシャの運転手たちも、ここでは車を道に置いて休んでいた。大人たちは家の前のみちで何かしゃべり食べ飲み、子どもたちはその周りで走り遊びまわっていた。

イントラムロス.jpg
低所得層住宅が並ぶ地区。人々はクリスマスの飾りつけをしており、生き生きした生活の場であった。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)


nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 75 - ハノイ Hanoi 6 [アジアの都市探訪]

ベトナムの交通事情(続き)
 交差点において交通渋滞の車列を減らすとともに、人々のフラストレーションを軽減するため、おもしろいしくみが導入されている。直進車や左折車でも交差点での直進や左折をさせずいったん全て右折させ(右側通行なので)、100-200メートルほども進んでからUターンする。先ほどの交差点に戻ったところで、右折もしくは直進する。この方法では車の走行量は増えるが交差点での信号待ち停止時間は少なくなる。
ハノイ交差点.jpg

 ハノイでは幹線道路でも交通信号が少なく、あっても従わない人が多い。車は激しくクラクションを鳴らしながら頻繁に車線を変えて走る。慣れない外国人からみると危険に思えるが、地元の人たちにはあるマナーが共有されているようだ。交通教育は必要だろうが、それはたとえ他の車がいなくても交通ルールを守ることが当然とされる国とは異なるものであろう。ハノイでおよそ守られている交通マナーには次のようなものがある。
・交差点では横断者に注意しながらゆっくり走る。
・横断者はドライバーとアイコンタクトをしながら横断する。
・急に立ち止まったり走り出したり方向を変えたりしない。それらはゆっくりと歩き続けるよりも危険である。
・運転中は交通流に乗る、無理に割り込まない、求められたら他車を前に入れてあげる、先入車が先行。

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

Great Urban Places in Asia 74 - ハノイ Hanoi 7 [アジアの都市探訪]

ベトナムの交通事情
 ベトナムではモーターバイクの利用が非常に多い。1台に家族4人が乗ったり、大きな荷物を積んだりしているものもある。今後、経済発展に伴いバイクから自動車へのシフトが進むだろうが、かなりの人たちは引き続きバイクを利用するだろう。なぜなら、バイクは狭い道や路地、通路の奥にも入ることができ、さらに駐車場所の確保もしやすい。自動車よりもモビリティが高く、そのメリットは大きい。

hanoi tra.jpg

(続く)
本書はamazon.co,jp 及び アメリカ、英国、カナダ、フランス、ドイツ、インドのアマゾンサイトで購入いただけます。(印刷版は日本のみ、kindle版は全ての国で可能)
nice!(0)  コメント(0) 

2021年08月|2021年09月 |- ブログトップ