SSブログ

さいたま新都心 けやき広場 [ランドスケープ]

旧国鉄大宮操車場跡の再開発で生まれた「さいたま新都心」。
その中心が、けやき広場である。
けやきは埼玉県の県木であり、武蔵野民家の防風林としても代表的なもの。

ランドスケープの基本計画は、アメリカのピーター・ウォーカー。

さいたま新都心2.JPG

さいたま新都心1.JPG
けやきが、6mのグリッド間隔で配されている。
幾何学的なデザインである。

さいたま新都心3.JPG
すべて人工地盤上の植樹であり、木にとっては相当に厳しい生育環境である。

さいたま新都心4.JPG
中に入ると、けやきが天蓋のようになって空を覆っており、結構暗い。
密植状態になっている。
人工地盤上でもあり、木漏れ日を取り入れるためにも、6mの倍の12m間隔くらいで良かったのではないか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0